鹿児島のセフレは熱中症に注意してください
0


    これは北海道ではありませんでした...
    高温多湿のために図書館に着いたとき、立ち往生しました。

    鹿児島セフレ
    スタッフは私を知っており、私に言った。
    少し休んでもいいと言ったとき、鹿児島のセフレは「今日は暑いので、十分な水を飲んで熱中症に注意してください」と言いました。
    自動販売機でお茶を買ってしばらく椅子に座った後、私は元気になり、本を読みたいという欲求が高まり、久しぶりに昼食を食べるのを忘れて本を読むことに夢中になりました。 。

    気づいたら、夕方のほぼ4時です...
    ああ、いや、今日行きたい場所が一つあった。
    図書館だったので、鹿児島のセフレは通常本を借りましたが、あきらめて図書館を去りました。
    夕方4時にまだ暑い...

    20分ほど歩いたところにありました。
    非常に素敵な年配のマスターがカウンターに立っているコーヒーショップ。
    鹿児島のセフレはそれほど多くありませんが、師匠の仕事はとても落ち着いていて、素敵な空間を作り出しています。
    三度目でしたか?
    お願いします...

     

    posted by: kagodeiau | - | 13:15 | comments(0) | - |